カルチャー

こんにゃくに寄生虫!? GWに行きたいフシギ系アミューズメント施設 その3

更新日:

人気テーマパークやグルメフェスなど、GWの観光地は数あれど、どこも混雑は必至。そんなときこそ、世にも珍しい博物館やミュージアムを巡ってみるのもいいのでは? きっと夢中になれるはず!

 

北海道網走市

博物館 網走監獄』

住所:北海道網走市字呼人1-1

アクセス:女満別空港から車で約20分

入場料: 大人1080円

HP:https://www.kangoku.jp/

国内唯一の監獄ミュージアムがコチラ! 実際に使用されていた『網走刑務所』の旧建造物を保存公開する監獄博物館だ。独居房や雑居房などに蝋人形が飾ってあり、彼らの過酷な生活や労働を想像することができる。威厳ある正門や刺青だらけの人形が並ぶ浴場などは圧巻だ。

 

群馬県甘楽郡

『こんにゃくパーク』

住所:群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1

アクセス:富岡ICから車で約10分

入場料: 無料

HP:http://konnyaku-park.com/

世界遺産・富岡製糸場のほど近くにある“こんにゃく”のテーマパーク。工場見学を行なった後のお楽しみは「バイキング・おみやげ工場ゾーン」だ。味噌田楽や玉こんにゃく、さしみこんにゃくといった料理の無料食べ放題を行なっているゾ。

 

東京都目黒区

目黒寄生虫館』

住所:東京都目黒区下目黒4‐1‐1

アクセス:目黒駅より徒歩12分

入場料: 無料

HP:https://www.kiseichu.org/

都内にある、フシギな博物館といえばココ。寄生虫を専門とする小さな博物館で、9メートル近いビッグサイズの「サナダムシ」をはじめ、ホルマリン漬けの寄生虫が展示されている。「ぎょう虫検査用紙」が堂々と飾られたりするので、覚悟して行くべし。奇妙だけどかわいいトートバッグやTシャツも人気だ。

目黒寄生虫館 オンラインショップ HPより

 

皆さんもぜひ行ってみるべし!

Twitterはこちらから

-カルチャー
-

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.