未分類

「ギザ10は3倍の価値」は都市伝説なのか!?

更新日:

「フチがギザギザの10円玉おは、普通の10円玉の3倍の価値がある」

こんな話を聞いた事はないだろうか。

フチがギザギザの10円玉=ギザ10は3倍=30円になる。

これを聞いたのは今から30年以上前。

元号が平成に変わる前の昭和の時代の事だ。

まだ少年だった記者は、

「じゃあ、ギザ10で100万円貯めれば300万円で売れるって事じゃん!」

と、ギザ10を見つけたら使わずコツコツと貯め込んだのだった。

中学の3年間、手に入れたギザ10は小さな箱に収集していた。

結局、ギザ10で100万円貯めるなんていう夢は叶わぬまま、

収集はいつの間にか終了。

その小箱の事さえ忘れていた。

 

先日、実家のクローゼットを整理していると、あの小箱を発見。

中を見てみると48枚の「ギザ10」が出てきたのであった。

もし、当時友だちが言っていた通り3倍の価値があったとしても、

たった1440円にしかならない。

古銭屋に持ち込んで、買い取ってもらったところで、

大した儲けにもならない……。

しかし、あれから30年以上経った現在であれば、

さらに価値は上がっているかもしれない。

ギザ10の価値を確かめたいという興味が湧いてきた。

 

さっそく、古銭の買い取りをしているという古物商に電話をかけてみた。

「あの……ギザ10って買い取ってもらえますか?」

すると、電話口の男性は諭すように話し始める。

 

年代によっては買い取りもできるんですが、それは未使用のものに限ります

使用した10円玉に関してはギザギザのある10円であっても、10円以上の価格はつきませんね。

 

なんと……30年以上前、友だちから話を聞いてギザ10を集めまくった

少年時代の記者の努力はまったくのムダだったのだ。

 

ちなみに、未使用であった場合、いったいどれくらいの買い取り価格がつくのだろう。

 

昭和26年なら最高で6万円昭和32年なら4万円昭和33年なら5万円ほどになります

いずれも完全未使用で光に当てず、大切に保管していた状態の良いものに限りますね。

 

ギザ10が作られていたのは、昭和26年~33年のうち31年を除いた7年で、

上記の価値の高い3年は、特に発行枚数が少なかったのだという。

友だちの言っていた「3倍」などではなく、6000倍にもなるものが存在したのだ。

 

記者の集めたギザ10は当然使用品であるから、10円以上の価値はないのだが、

試しにそのプレミアがついている3年間のものはないかと探してみると……。

あった!

48枚中、わずかに1枚!!

昭和32年製造のギザ10があったのだ。

ああ、これが未使用だったら4万円だったのに……。

 

こうして30余年ぶりに湧いた興味は、寂しい結果で幕を閉じたのであった。

間もなく「令和」へと改元される。

もしかしたら「平成」モノの価値が上がるかもしれない。

将来、価値高騰を臨むのであれば、使用せず大切に保管するべし!

Twitterはこちらから

-未分類
-

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.