エンタメ

日向坂46のMVスポットも! GWに行きたいフシギ系アミューズメント施設 その1

投稿日:

今年のGWは超大型連休になる人も多いはず。しかし、ドコもかしこも混雑しているのがGWの観光地。そこで全国各地の穴場的なアミューズメント施設を紹介! その中でも今回は不思議な体験をできるスポットを厳選したゾ。

福島県いわき市

『いわき市アンモナイトセンター』

住所:福島県いわき市大久町大久字鶴房147-2

アクセス:いわき四倉ICより車で約15分

入場料:大人250円

営業時間:9:00~17:00

HP:http://www.ammonite-center.jp/

アンモナイトの化石の発掘体験をできる珍しい施設。館内では、アンモナイトや付近に棲息していた古代生物の化石がズラリと展示されている。また、屋外体験発掘場では、ハンマーやタガネを使って、化石の発掘体験が可能。発掘した化石は持ち帰り自由だ。

 

富山県立山町

『立山博物館 まんだら遊苑』

住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1

アクセス:立山ICより車で約30分

入場料:大人400円

営業時間:9:30~17:00

HP:https://www.info-toyama.com/spot/31027/

北陸エリアのフシギ系アミューズメント施設は、地獄体験をできるテーマパーク。轟音や妖しい光、香りなどが放たれる針山や血の海、洞窟をはじめ、あちこちに不気味なオブジェなどが連なる。もちろん、極楽を表現したエリアもあるのでご安心を。

 

岐阜県養老郡養老町

『養老天命反転地』

住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2

アクセス:大垣ICから約20分

入場料:大人750円

営業時間:9:00~17:00

HP:https://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/

岐阜の山間にある珍スポット。すり鉢状のフィールドや上下が逆転した部屋など、人間の平衡感や遠近感を揺さぶる摩訶不思議なパビリオンやアート作品で構築されたテーマパーク。「極限で似るものの家」は、屋根が岐阜県の形をしており、中は複雑な迷路に。注目のアイドルグループ・日向坂46のデビューシングル『キュン』に収録されているカップリングナンバー『JOYFUL LOVE』のMV撮影地にもなっており、今年は混雑するかも……。

Twitterはこちらから

-エンタメ
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.