グルメ

やっぱりがっつり濃い口がウマイ! カップ焼きそば“濃厚ソース”戦争ぼっ発!!

投稿日:

現役グラドル・清水あいりが100万円のために『ノー●ンリフティング』

“童貞を殺す空手”が話題となっているグラビアアイドル・清水あいりが、100万円を掛け、過激なYouTubeをアップした。 その内容がこれだ!!   な ...

続きを見る

2019年3月25日。

カップ焼きそばファンにとっては寂しいニュースが発表された。

エースコックの大盛りイカ焼きそばが3月末をもって生産終了。

UFOやペヤングの影に隠れながらも、イカという独自の具を武器に1988年の発売以来30年に渡り親しまれたこの商品は、まさに平成を生き抜いたカップ焼きそばの代表のひとつであった。

 

そんな暗いニュースが流れる中、カップ焼きそば業界には新たなブームが巻き起こっていた。

 

「一平ちゃん」(明星)は、よりこってりとした「マヨ濃(コク)」を謳いリニューアル。より濃厚な味わいに。

 

「UFO」(日清)は「濃い濃いソース」と題し、濃厚なソースをアピール。

 

そして、「大盛りイカ焼きそば」の撤退を発表したエースコックはそれに先駆けて「太麺濃い旨スパイシー焼きそば」を発表している。

 

さらに、ラーメンでヒットを飛ばしたマルちゃん正麺は「焼きそば~濃厚コクソース“豊潤仕立て”~」を発売した。

 

まさに、濃厚ソース戦争の様相なのだ。

 

この健康志向が高まる日本で突如として巻き起こった“濃厚”の嵐。

これはいかなる理由からなのだろう……と思ったが、

カップ麺を食べる時点で、そんな健康志向とは無縁の人間なのだろう。

そう、人種が違うのだ。

とにかくジャンク指向の消費者の味覚にばっちりとハマったのが“濃厚”ということなのだ。

 

さて、それぞれの味であるが……。

「一平ちゃん」は、ソースは普通であるが、麺にもソースを練り込んでいる上、マヨネーズでコクをプラスしている。そのため、好き嫌いが分かれるところだろう。しかしながら、ジャンク志向の人間にとってマヨネーズは絶大なる人気を誇る“ソース”である。支持が高いのは当然だろう。からしマヨネーズの鼻に抜ける辛味、そしてふりかけの魚粉も、一平ちゃんならではの味となっている。

 

一番人気の「UFO」はその人気が表すように安定のおいしさに、コクが加わった絶妙さ。万人に愛されるオーソドックスな仕様に、青のりも付属と王道を行く仕上がりになっている。誰もが安心して食べられる信頼の一品だ。

 

「太麺濃い旨スパイシー焼きそば」は、濃厚ソースがよく絡む太麺採用と麺にもこだわった逸品。量的には飽きが来てしまいそうな感じがするが、そこはスパイシーさで食欲が持続。食の太い男性でも満足感の高い一杯になっている。太麺だけにお湯を入れてからの待ち時間5分と長いのがマイナスポイントか。薬味的には具材の野菜の中に青ネギが入っているのが、他にはない特徴となっている。

 

そして「太麺濃い旨スパイシー焼きそば」は、マルちゃん正麺シリーズだけあって、麺のウマさは秀逸。ソースも液体と粉末のダブルで濃厚さもピカイチ。付属の青のりもソースとの鉄板コラボで◎。ただし、これもお湯を入れてからの待ち時間が5分と長いことが、気の早いカップ麺ファンにはマイナスか。

 

このように濃厚ソースと一口に言っても、それぞれ特徴があり、

あとは好み次第というところだろう。

一度、すべて食べて試してみることをオススメする。

 

さて、ここまできて気になるのが、やきそば界の風雲児・ペヤングの動向だ。

激辛やギガマックス、スカルプDなど、新商品を次々に出しているが、

この濃厚ソース戦争には、いまだ参戦していない。

ペヤングのブームへの殴り込みはあるのか!?

あくまでも独自の路線をいくのか。

新時代の幕開け早々から、カップ焼きそばから目が離せない!

Twitterはこちらから

-グルメ
-,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.