エンタメ

【やっぱり!】ニコラス・ケイジがベガス婚の無効を申請

投稿日:

日本人女性と結婚したと騒がせたニコラス・ケイジだったが、案の定、婚姻無効の手続きに入ったという情報が。

Live Lujan Magazine [Argentina] (May 2018)

 

先日、拠点としているラスベガスで婚姻許可証を申請したニコラス・ケイジ。実はその日のうちに結婚証明書も取得し、メイクアップアーティストのコイケ・エリカさんがニコラスの4番目の妻となっていた。

ところが、それから4日後の3月28日、ニコラスは婚姻の無効を申請。この申請が認められれば、ニコラスの離婚歴は、女優のパトリシア・アークエット、エルヴィス・プレスリーの娘リサ・マリー、元ウエイトレスのアリス・キムとの3度のままだ。もし申請が却下され、婚姻を取り消せない場合は、直ちに離婚の手続きを行うつもりだという。

婚姻許可証の申請を行った際、ニコラスはシラフの状態ではなかったようで、ベロベロになりながら「この女はオレの財産を狙ってるぞ」「ドラッグの売人とデキてたんだ」とエリカさんに悪態をついていたという。そうかと思えば、「わたしは結婚したいなんて言ってない」と反論するエリカさんをなだめすかし、婚姻の申請手続きを始めたそうだ。

また、2018年4月ごろから交際をスタートしたと見られていたふたりだが、それよりも付き合いは長いとの説も。さらに、エリカさんはメイクアップアーティストではなく、タイ料理レストランのウエイトレスだったと報じるメディアもあるなど、情報は錯綜中。とりあえず、手放しで祝福できるような結婚ではなかったことは確かだ。

Twitterはこちらから

-エンタメ
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.