スポーツ

プロ野球交流戦開幕! このトンデモないパ・リーグ選手を見よ!! パート2

投稿日:

6月4日から始まった、プロ野球の「セ・パ交流戦」。飛びぬけて強いチームがおらず実力が拮抗しており、例年以上に盛り上がりを見せているが、今回は交流戦を観戦するにあたって、知っているようで意外と知らないパリーグの超人プレーヤーを紹介していくゾ!

まずは、現役選手最速の走力を持つと言われる、千葉ロッテ・荻野貴司。

今年でプロ10年目を迎える荻野は、ルーキーイヤーから驚異的な俊足ぶりを発揮。通算186盗塁(6月11日現在)をマークするなど、球界を代表する韋駄天なのだが、とにかくケガが多いことで有名。しかし、今年は打撃成績も安定しており、ほぼ毎試合出場しており、近年なかなか達成者のいない50~60盗塁も夢ではない選手だ。

 

続いては、悪球を大得意とする「ドカベン」の岩鬼のような選手を2名紹介。ともに“変態打ち”と称されている、千葉ロッテ・角中勝也東北楽天の銀次だ。

「そんな足元のボールを!?」「高めに外したボールなのに!」「打ち方がダサすぎる!」などと揶揄されようが、いとも簡単にヒットにしてしまうバットコントロールは天才としか言いようがなく、このタイプの選手はセリーグにはいないので、初めて見るファンはその“変態っぷり”に度肝を抜かされるかもしれない!!

これからの後半戦は、この3名のプレーヤーを要チェックしてみるべし!

Twitterはこちらから

-スポーツ
-, , , , ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.