エンタメ カルチャー

価格高騰中のタコが東京湾で奇跡の大発生! 30年ぶりのタコ祭りに湧く‼︎

投稿日:

近年、タコの価格が高騰の一途をたどっている。

国内の不漁続きと、世界的なタコの需要増大が原因だ。

すでに高止まりと言われた価格を大幅に超え、卸値は5年前1.5倍にも達し、もはや高級食材と化したタコ=マダコ

庶民の味であるタコ焼きも、そのうち高級料亭で扱うような料理になってしまうかも!?

 

そんな、価格高騰の嵐が吹き荒れる中、6月7日未明、衝撃的な情報が飛び込んできた。

東京湾でマダコが大量発生中!!

なんでも、東京湾沿岸の釣り場で、別の魚を狙っていた仕掛けに軒並みマダコが掛かって、釣り人を歓喜させているのだとか。

百聞は一見しかず。

すぐに噂の現場へと急行した。




 

到着したのは、かの夢の国のすぐ隣。

“浦安岸壁”“電波塔前”と呼ばれる人気の釣りスポットである。

はたして、こんなところに本当にマダコが繁殖しているのだろうか。

ルアーロッドにタコ釣り用の「エギ」という疑似餌を結んでキャストする。

海底に着いたエギを振動させるように竿先をシェイクすると、ズシリと重くなった。

すかさず合わせを入れて巻き上げ、一気にぶっこ抜く!

どーん!

いきなり高級食材であるマダコをゲット。

200g程度と決して大きくはないが、紛れもないマダコである。

まさかこんなに簡単に釣れるとは思っても見なかった。

しかし、奇跡は続く。

連続3投3ゲット。

とにかく釣れまくる。釣れちぎる!!

まさにタコ祭り状態!!

わずか2時間ほどで、2人で約5kg、21匹の大漁となった。

地元で50年釣りをしている方に聞くと、

「前にタコが釣れたのは30年くらい前」

とのこと。30年ぶりの奇跡の大量発生となっているのだ。

釣ったタコは塩揉みしてヌメリをおとし、ゆでダコに。

さらにタコ飯刺身、タコとキュウリのキムチ和えにして、堪能した。

30年ぶりの奇跡の大量発生となっているマダコ。

いまなら、東京湾で高級食材が釣り放題だ!!

Twitterはこちらから

-エンタメ, カルチャー
-, , , ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.