スポーツ

プロ野球交流戦開幕! このトンデモないパ・リーグ選手を見よ!!

投稿日:

6月4日から始まった、プロ野球の「セ・パ交流戦」。昔は人気のセ・実力のパなどと言われていたものの、現在ではパリーグの観客動員やファンサービスは目を見張るモノがあり、人気はセリーグと引けを取らない状況に。




また、実力に関しても、絶対的強さを誇るソフトバンクを筆頭に、投打のかみ合ったチームがそろっている。今回は、交流戦を観戦するにあたって、意外と知らないパリーグの超人プレーヤーを紹介していくゾ!

 

まずは、北海道日本ハムファイターズの外野手・大田泰示だ。
2008年ドラフト1位で巨人に入団。将来の4番候補として、大きな期待を背負うも、なかなかブレークできないまま、2017年より日本ハムでプレーすることになるとプレッシャーから解放されたのか、特大のホームランを放つ長距離砲として成長。また、守備範囲の広さや肩の強さでもチームに大きく貢献するなど、パリーグを代表する選手になったのだ。

今季の交流戦でも早速、外野からのレーザービームを披露しており、ますますの活躍が期待される。

 

続いては、オリックスの若きエース・山本由伸。150キロ超えの伸び上がるようなストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシーム、カットボールなどの多彩な変化球を使い分けるのが特徴だ。




しかもどのボールもかなりの球速が出ており、打者は捉えるのに相当苦労している模様。特に先発に転向した今季は、強力なソフトバンク打線を手玉に取っている。きっとセリーグの強打者たちもきりきり舞いになるはずだ!

交流戦は、パの投打のヒーローから目を離すなかれ!

Twitterはこちらから

-スポーツ
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.