スポーツ カルチャー

東日本のサイクリストの聖地・霞ヶ浦を爽快に疾走せよ! お腹が減ったらアソコへ‼︎

投稿日:

サイクリスト=自転車乗りの聖地とされるのが、広島と愛媛を結ぶ「しまなみ街道」。

その聖地に対抗し、東日本のサイクリストの聖地にしようと2016年より地域をあげて取り組んでいるのが茨城県・霞ヶ浦

日本で二番目に大きい湖である霞ヶ浦の湖岸線をサイクリングロードとして整備し、週末になれば、数多くのサイクリストがこの地を訪れている。

サイクリストの間では「カスイチ」と呼ばれる霞ヶ浦1周は約128km

これはサイクリストとしての登竜門となっている。

サイクリストのためのイベントも頻繁に行われ、湖岸線、さらに田園の中の道、そして大橋渡る爽快かつ雄大、そしてのどかなコースを楽しむことができる。




 

もちろん、そんな本格的なサイクリストでなくてもたのしめるよう、途中には休憩が取れる東屋も数多く設置され、

その傍らには、自転車を駐車するためのラックや、無料の公共空気入れも完備。

サイクリストにとって至れり尽くせりのコースとなっている。

これからの季節、スポーツとして、そして健康維持にサイクリングを楽しんでみてはいかがだろうか。




 

そしてもう一つ紹介したいのが、霞ヶ浦サイクリストたちが絶賛し、愛されている『しをみ食堂』

多くのサイクリストがスタート地点とする土浦から約半周、潮来からあの女優・永作博美の出身地である行方に向かう途中にあるこの食堂がサイクリストのランチの定番となっている。

この食堂の特徴は、とにかくボリュームがすごい。

一番人気のカツカレーはこの通り。

皿の大きさを見ただけでもちょっとおののいてしまうボリューム。

これでたったの800円。

サイクリングで消費したエネルギーを一気に補ってくれるぞ。

そのほか、霞ヶ浦名産・川エビの天ぷら定食酢豚定食など何を食べても満足する量と味なのだ。

自転車で目一杯走って、しをみ食堂でがっつり食べる!

こんな健康的な休日はないだろう。

サイクリストの聖地・霞ヶ浦は爽快で豪快、そして健康的な聖地なのだ!

 

【しをみ食堂】

〒311-3832 茨城県行方市麻生575

営業時間:11:00~15:00/17:00~21:00

定休日:月曜日

Twitterはこちらから

-スポーツ, カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.