カルチャー

これぞ難攻不落の城! 「小田原城」の雄姿に惚れ惚れ

更新日:

東海道の要衝に築かれ、長い歴史を持つ小田原城戦国時代から江戸時代にかけての城で、北條氏の本拠地として有名だ。

小田原城は通称「難攻不落の城」。北條氏の関東支配の中心拠点として整備拡張され、豊臣秀吉の来攻に備え、城下を囲む総延長9kmに及ぶ総がまえ溝の出現に至ってその規模は最大に達した。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
 

四代当主•北条氏政の時代には、上杉謙信や武田信玄の攻撃をも退けた「無敵の城」として知られている。

取材日、東京駅から新幹線こだまで小田原へと進み、小田原城を取材する。ポカポカ陽気の中で戯れる家族連れの姿がほほえましい。天守閣から眺める景色は素晴らしいの一言。見事な絶景であった。

小田原城は城の手前の広場が簡素な動物園となっている。ゾウを観ることができて、気持ちを和ませてくれる。城の近くには店舗型ヘルスもあるので、観光後に遊んでいけば、より殿様になった気分を味わえるのだ。

小田原城

営業時間 9時~17時

休館日 12月31日~1月1日

入館料 大人500円

神奈川県小田原市城内6-1

【名所ガイド その42】

→つづく。

【進む】/【戻る】

取材・文 イコマ師匠…『俺の旅』編集長。徹底した現場取材をモットーとしている。全国の歓楽街、観光名所、名物グルメを完全網羅。『俺の旅web』の編集長ブログで取材ルポ日記を紹介している。

Twitterはこちらから

-カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.