カルチャー

身体の芯からポッカポカ! 指宿「砂むし温泉」でリフレッシュタイム

更新日:

「砂むし温泉」とは、海岸に湧く温泉を利用して温かい砂の中に体を埋めて入浴する、いわば蒸し風呂のこと。自然温泉を利用した和風サウナといってもいいだろう。世界的に珍しい天然の砂むし温泉として、海外からも訪問客が訪れるのが指宿の観光名所『砂むし会館 砂楽(さらく)』だ。

『砂むし会館 砂楽』は、世界でも類を見ない天然砂むし場のほか、大浴場や休憩所を備えた指宿最大の砂むし温泉立ち寄り施設。大潮の干潮時には波打ち際で、満潮時や天候の悪い日は屋根付きの砂むし場で砂浴が可能となっている。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
取材日、鹿児島中央駅から乗ったなのはな鉄道が、1時間ちょっとで指宿に到着。駅を出ると、さっそく温泉街へと繰り出す。駅前からひたすら歩き、15分ほどで名物の砂むし温泉街にたどり着き、公衆浴場『砂むし会館 砂楽』で砂むし温泉に浸かる

海岸沿いの波打ち際で、温かい砂の中にスコップで埋められて、約10分間、低温の砂湯に浸かると、身体の芯からポッカポカに砂の重みと温かさに加え、波の音が心と体をすっかり和ませてくれた

『砂むし会館 砂楽』の館内のおばちゃん曰く、最近は半分以上が中国、香港、台湾などの外国人客だという。取材時に、おばちゃんが英語で外国人に説明する様子にはびっくりした。砂風呂の後にはちゃんと普通の大浴場に浸かれるので、安心して砂むし温泉を堪能しよう。

『砂むし会館 砂楽』

営業時間 8時30分~12時  13時~21時

年中無休

料金 大人1080円

鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18

【名所ガイド その39】

→つづく。

【進む】/【戻る】

取材・文 イコマ師匠…『俺の旅』編集長。徹底した現場取材をモットーとしている。全国の歓楽街、観光名所、名物グルメを完全網羅。『俺の旅web』の編集長ブログで取材ルポ日記を紹介している。

Twitterはこちらから

-カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.