カルチャー

【無料】街全体が美術館!! 都内でアンビリーバボーな不思議体験!!【アート】

投稿日:

生きていると、現実からかけ離れた世界に逃避行したくなる時ってありませんか?

 

「ある日突然、映画のワンシーンに入り込んでしまったら?」

 

一瞬でも現実を忘れられたなら、それは楽しいに決まっている。

でも、そんな非日常な世界が現実にあるわけがない。

誰しもが、一度描いた“妄想”である。

所詮、“妄想”は“妄想”。

VRなど仮想現実の中には様々な世界が広がっているかもしれない。

非日常は、現実の世界にはあるわけがないのだ。

 

 

ただ、ふと歩いていると、おかしな物にでくわす事がたまにある。

 

ある街をブラブラ歩いていると、

 

 

なんか、でっかい鉢みたいなのがあった。

 

っでっかいなー。ふーん。

てな感じで辺りを見渡してみると……、

ん?

誰? 人? 多いよ? 怖いよ?

 

何かがおかしい。

ここは……、なんだ……?

 

さらに、勢い良く辺りを見渡すと、

なんだこの街は?!

もう、いたる所に奇妙なオブジェがっ!!!

VRの中じゃない。

ここは現実なのだ。

もうカオスだっつ!




 

この街のある一角には、至る所にアート作品が置かれていた。

 

カメラを握りしめ、スクープだと言わんばかりに、キョロキョロして歩いていると……

 

ん?

 

何これー!!!!

 

近づくと

何これーっ!!!!!!!!!!!

 

斬鉄剣、もしくは気円斬に切られたのかな?

 

もっとちょうだい!という気持ちで街を駆け巡る。

 

なんかもう、逆に何があるのか、探しまくる。

 

でも、全て、予想を裏切ってくる。

 

ね。

素敵やん。

こんな街、素敵すぎる。

 

で、

一番好きになったのこれ。

こんなの

もう、何これーっ!!!!!!

 

買い物の巨人がお買い物でもするのでしょうか?

 

 

さて、ここがどこかと言いますと、

 

『立川』

 

であります。

 

そう。立川は街全体が美術館なのです。

立川は町を挙げてアートに取り組んでいます。

駅周辺には、不思議なオブジェがいたるところにあり、非日常の空間がそこら中に存在しています。

 

『ファーレ立川アート』と呼ばれるこのプロジェクト。

住宅・都市整備公団(現:都市再生機構)が立川市・東京都の要請をうけ、「新しい文化」の街を誕生させることを目指し、ファーレ立川の計画が始まりました。

現在、36ヵ国92人のアーティストによる109点の作品があります。

素敵すぎる。立川。

まだまだたくさんのオブジェがありました。

アートに触れると、こっちまでワクワクします。

これを造った方々も、どういう気持ちでこれを造ったのか。
一つ一つのモチーフをじっくり観察して見ようという気持ちになります。

でも、アートは見る人によって、捉え方は様々。
わたくしなんぞは、もう、『斬新!』の一言で終わってしまいます。

こんなカオスなエリアが普通にあるなんて。

素敵すぎ。

 

是非、皆様、非日常を感じに、立川に足を運んで見てください!

きっと不思議な空間に迷い込むでしょう。

 

 

地味にこれが好き。

 

 

参考リンク:『ファーレ立川アート』

Twitterはこちらから

-カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.