グルメ

カツカレー発祥の店! 銀座『グリルスイス』で名物カレーを食うベし

更新日:


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

老若男女問わず昔から愛されてきた食べ物のひとつとも言える「カツカレー」。このメニューを生み出したお店が東京•銀座の老舗洋食屋『グリルスイス』だ。戦後間もない昭和22年(1947年)、銀座7丁目でスタートした店で、首相官邸等で総料理長を務めた洋食の第一人者である岡田進之助氏が戦後、西洋料理を「より多くの方に食してもらおう」と始めたのだ。

『グリルスイス』は元プロ野球選手•監督の故千葉茂氏が足繋く通ったお店でもある。ある日千葉氏が「面倒なのでポークカツレツとカレーライスを一緒に皿に載せて出してくれ」と言って出されたのが、カツカレーの始まりなのだ。

取材日、新宿から地下鉄丸の内線に乗り銀座へ。数寄屋橋公園、泰明小学校と隠れた名所を見て回り、出光美術館でルオーとムンクの名画を鑑賞してから、銀座二丁目の『グリルスイス』で名物のカツカレーを食べる。ドロっとした具のないカレーにカツがぴったり。カレーとカツレツの相性が抜群で、最高に美味かった。

『グリルスイス』はハンバーグ、エビフライ、カニクリームコロッケなど、カレー以外の料理も美味しい。お昼時は混雑しているので、上手く時間を調整して入店すべし。銀座らしい歴史ある洋食屋さんでカツカレーを食べて、銀ブラを満喫しよう。

『グリルスイス』

営業時間  月~土 11時~21時

日•祝  10時30分~20時30分

不定休

銀座3丁目5-16

【名物グルメ その34】

→つづく。

【進む】/【戻る】

取材・文 イコマ師匠…『俺の旅』編集長。徹底した現場取材をモットーとしている。全国の歓楽街、観光名所、名物グルメを完全網羅。『俺の旅web』の編集長ブログで取材ルポ日記を紹介している。

Twitterはこちらから

-グルメ
-, , ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.