グルメ カルチャー

クラシックを聞きながら憩う! 京都『フランソア』でリラックスタイム

更新日:

京都の四条河原町に素晴らしい喫茶店がある。店名は『フランソア喫茶室』画家のフランソア•ミレーから名前を付けたという。昭和9年から続く老舗であり、イタリアバロック様式で、豪華客船のホールをイメージした内装と調度品は、昭和初期の和と洋の融合を現代に色濃く残している。

『フランソア喫茶室』では、クラシック音楽を聞きながら、のんびりと洋菓子や軽食が頂ける。歴史深いイタリアバロック様式の品格あるドラマチックな店内は、いるだけで心身をリラックスさせてくれるのだ。

取材日、朝8時46分に実家のある愛知県安城駅発の快速列車に乗り、昼頃に無事京都駅に到着する。地下鉄と阪急列車を乗り継ぎ四条河原町まで進み、アンティークな名曲喫茶『フランソア喫茶室』でウィンナータイプのホットコーヒーを飲んで一休み。クラシックを聞きながら、古都京都のレトロな洋風文化をしみじみと味わった。

『フランソア喫茶室』は人気店なので混雑していることが多いので要注意。阪急河原町駅からすぐの抜群の立地にあるので、非常に使いやすいのがいい。私はライターさんとの打ち合わせにいつもここを利用している。雰囲気のいい店なので、一人で憩うのにも最適だ。

『フランソア喫茶室』

営業時間 10時~22時30分

定休日 無休(12月31日、元旦、1月2日は休業)

【ディープスポット その27】

→つづく。

【進む】/【戻る】

取材・文 イコマ師匠…『俺の旅』編集長。徹底した現場取材をモットーとしている。全国の歓楽街、観光名所、名物グルメを完全網羅。『俺の旅web』の編集長ブログで取材ルポ日記を紹介している。

Twitterはこちらから

-グルメ, カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.