カルチャー

これぞ関西の奥座敷! 福井「芦原温泉街」の静かな夜を楽しもう

更新日:

芦原(あわら)温泉は、福井県あわら市にある温泉だ。閑静な田園に宿が整然と建ち並ぶ温泉街である。明治16年の開湯以来、「関西の奥座敷」として中京•京阪神の方々に親しまれており、年間100万人を越える浴客が訪れる北陸有数、福井屈指の温泉である。

各旅館ごとに趣向を凝らした豪華な庭園、日本海の新鮮な海の幸人情たっぷりのキメ細やかなサービスで、来客の旅の疲れを癒してくれる。昔から多くの文人墨客に愛されてきた温泉街であり、温泉療法医がすすめる名湯百選にも選ばれている。

取材日、夕方に福井駅からえちぜん鉄道三国芦原線に乗り芦原温泉街へと向かう。18時10分発のワンマン列車に乗り40分ほど揺られて「あわら湯のまち」駅に到着。湯の街を散策すると、静かな雰囲気のなか、『あわらミュージック』というストリップ劇場を発見。本日の営業は8時過ぎからだそうで、食堂でソースかつ丼を食べてから、時間を合わせて劇場に戻り、ステージを観賞する。温泉街で観るストリップはとても楽しかった。

芦原温泉には駅前に「湯けむり横丁」なる飲食店街がある。また「足湯」も設置されており、列車の待ち時間にのんびり寛ぐことができる。都会の喧噪から離れてリラックスするのにピッタリな温泉街だ。

芦原温泉街

福井県の最北端に位置する温泉街。

30軒ほどの宿泊施設が営業。美人女将が多いことで有名。

【ディープスポット その24】

→つづく。

【進む】/【戻る】

取材・文 イコマ師匠…『俺の旅』編集長。徹底した現場取材をモットーとしている。全国の歓楽街、観光名所、名物グルメを完全網羅。『俺の旅web』の編集長ブログで取材ルポ日記を紹介している。

Twitterはこちらから

-カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.