カルチャー

札幌のランドマーク! 大通公園のテレビ塔に登ろう

更新日:

札幌駅とススキノのちょうど中間あたりに建つタワー、それが「さっぽろテレビ塔」だ。大通公園内にある電波塔であり、高さは147.2メートル。総工費1億7千万円をかけて作られたもので、1957年に完成して以来、札幌市のランドマークとなっている。

地上約90メートルの展望台からは、大通公園や日本海、石狩平野など札幌市全域を一望できる。季節ごとに表情を変える大通公園の美しい風景やイベントの様子もバッチリ楽しめるのだ。

取材日は、ススキノでスープカレーを食べてから大通公園へ。さっそくテレビ塔にに入り、エレベレーターで展望台へと向かう。エレベーターガールが色白の萌え系ギャルで、展望台までご案内されてそこでドキドキ。展望台から札幌市街を一望し、北海道随一の都市の大きさを実感した。

大通公園は札幌中心部の緑のオアシス。テレビ塔の展望から眺めると、その整った姿がはっきりと分かる。アイスクリームやとうもろこしのワゴン販売が人気なので、テレビ塔を見学した後は、北海道の名産物を食べながら公園のベンチに座って一休みするのがいいだろう。

さっぽろテレビ塔

営業時間 9時~22時

料金 大人720円

【名所ガイド その23】

→つづく。

【進む】/【戻る】

取材・文 イコマ師匠…『俺の旅』編集長。徹底した現場取材をモットーとしている。全国の歓楽街、観光名所、名物グルメを完全網羅。『俺の旅web』の編集長ブログで取材ルポ日記を紹介している。

Twitterはこちらから

-カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.