カルチャー

リフトで登城! 松山城の優雅さに誰もがウットリ

更新日:

「松山城」。愛媛県松山にある「伊予松山城」の一般的な呼び名である。日本に12ヶ所しか残っていない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭のひとつだ(現存12天守)。平成18年に「日本100名城」にも選ばれている観光スポットである。

広々とした公園の中に建つ17世紀の城であり、現在の建物は復元されたもの。ユニークなのは、お城へ上るのがリフトやロープウェイで行けること。この大胆な登城方法はまるでスキー場に来ているようでインパクトがある。

取材日、松山市内のホテルの受付に荷物を預けると、大街道の商店街を進み、松山城へと向かう。途中で喫茶『赤煉瓦』でモーニングセットを食べてから、リフトに乗り、天守閣に

松山城は庭が広い。あと、階段が急である。天守閣から市内を眺望してから、広場にある茶屋『城山荘』で名物のスカレーうどんを食べて一休み。ロープウェイで松山城を降りると、商店街をぶらりと散歩したのであった。

松山城公園は、若い女のコ4人組がゆるキャラと記念撮影をしていたり、アニメのコスプレをした女のコたちが撮影を楽しんでいたりと、市民の憩いの場になっている様子。平日の昼間に行ったのだが、予想外に客が多いのには驚いた。比較的地味な城だが、お城マニアなら足を運んで損はないだろう。

松山城

営業時間 9時~17時(季節によって異なる)

料金 大人510円

【名所ガイド その20】

→つづく。

【進む】/【戻る】

取材・文 イコマ師匠…『俺の旅』編集長。徹底した現場取材をモットーとしている。全国の歓楽街、観光名所、名物グルメを完全網羅。『俺の旅web』の編集長ブログで取材ルポ日記を紹介している。

Twitterはこちらから

-カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.