エンタメ カルチャー

インド軍がヒマラヤでイエティの足跡発見!? ネパール軍は異議

更新日:

去る4月30日、ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡が発見されたという衝撃的なニュースが飛び込んできた。
しかも、このニュースを公表したのがインド軍だというからまたビックリ。

足跡は縦81センチ、横38センチの大きさで、ヒマラヤ山脈のマカルー山に近いキャンプ周辺で発見されたという。

インド軍はTwittter公式アカウントで証拠写真とともに、発見場所などの情報をツイートしている。
注目したいのは、インド軍登山隊メンバーの表情。

そう、彼らはいたってマジメなのだ。

このことからも、報告は奇をてらったジョークなどではないとわかる。
だが、残念なことにツイートを見た国民からは冷めた目で見られている。

雪男がなぜ一足歩行なんだ?

「ケンケン飛びしていたのか」

など、誰も本気にしていない。
さらに追い打ちをかけたのが、お隣のネパール軍

インド軍が発見した足跡は「熊のもの」である可能性が高いと異議を唱えたのだ。
自国民からも隣国軍からも否定され、四面楚歌のインド軍だが、いまだ投稿は取り下げていない。

せめて遠く日本からイエティ説を応援してあげたいものだ。

Twitterはこちらから

-エンタメ, カルチャー
-,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.