カルチャー

気分は西郷どん! 島津家の別邸・仙巌園でリフレッシュしよう

更新日:

鹿児島観光と言えば桜島が有名だが、ぜひ足を運んでほしいところがある。仙巌園だ。別名を磯庭園(いそていえん)、磯の御殿ともいう薩摩藩・島津家の別邸跡で、素晴らしい庭園などが残っている。国の名勝にも指定されている。

取材日は晴天の中、観光バスで西郷隆盛像や城山公園を巡った後、仙巌園(せんがんえん)へ。入場すると、記念写真をパチパチと撮る。

城山から観た桜島の雄姿も印象深いが、仙巌園はそれを上回る良さ。見事な日本庭園はもちろんのこと、集成館の展示室や御殿の殿様の部屋など、他にも見所が多く、目や耳をすごく楽しませてくれる。島津斉彬の名君ぶりには脱帽である。

名物の両棒餅(ぢゃんぼもち)と芋焼酎ソフトクリームを食べれば、気分はすっかり西郷隆盛だ。維新の英傑になったような気持ちに浸れるぞ。

仙巌園は、錦江湾を池、桜島を築山として築庭したもので、自然と人工とが調和した借景式庭園。隣にある尚古集成館では、島津家800年の歴史を学ぶことができる。取材日はちょうど館長が講演をしており、その様子を拝見できた。館内では明治維新に関する書籍も販売している。

集成館で薩摩の歴史を学び、維新の英傑の気分になりつつ、歩いているだけで心が洗われる仙巌園を散策し、心身ともにリフレッシュしよう。

仙巌園 営業時間8時30分~17時30分 入場料 大人1000円

【名所ガイド  その5】

→つづく。

【進む】/【戻る】

取材・文 イコマ師匠…『俺の旅』編集長。徹底した現場取材をモットーとしている。全国の歓楽街、観光名所、名物グルメを完全網羅。『俺の旅web』の編集長ブログで取材ルポ日記を紹介している。

Twitterはこちらから

-カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.