グルメ

昭和食堂探訪記 その1 東京・大塚 天平食堂

更新日:

大塚駅北口から庚申塚方面に歩いて徒歩で4~5分。
静かな住宅街の通りに、“うなぎ蒲焼き”の暖簾がはためいているのが見えてきたら、
そこが創業60年以上!
今回目当ての『天平食堂』だ。

 

少年野球を教えて40年のおやじさんと、明るいおかみさん。
二人とも本当に優しそうな笑顔で迎えてくれる、このザ・昭和食堂。
小上がりの座敷にはびっしりと野球の賞状だらけ。
テレビもあり、プロ野球を堪能しながら、ビール&うなぎや洋食、ラーメンなどを堪能できる。

今回はポークソテー(900円)をアテにチョイス。

グローブみたいに大きなソテーは食べ応え十分。
それでもまだまだおやじさんの料理を堪能したいと、メンチカツを追加。

 

こちらも肉感たっぷりでジューシーでビールが止まらないひと品。

飲んで食べて、野球を楽しんで…。

ビールのおかわりのたびに優しく話かけてくれるおかみさんが、本当に気分をほっこりさせてくれる。

食堂呑みバンザイ。

天平食堂
東京都豊島区北大塚1-34-13
昼営業:11:30~14:30
夜営業:17:30~21:40
定休日:日曜・祝日

Twitterはこちらから

-グルメ
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.