スポーツ

爆裂フルスイング! 令和のホームラン王はコイツらだ!

投稿日:

プロ野球の醍醐味といえば、外野スタンドに突き刺さる特大ホームランだろう。今年に関しては“謎のホームラン激増現象”が起きてはいるが、打った瞬間にホームランだ、と分かる打球を飛ばせる選手が少なくなっているのも事実だ。

そんななかで、三振を気にも止めずに、一心不乱にフルイングする、知る人ぞ知る注目プレーヤーを紹介していこう。

まずは、190センチの大柄な体からキレイなスイングで、打球をスタンド上段に運ぶオリックスの杉本裕太郎。アニメ『北斗の拳』に登場するラオウのファンであることから“オリックスのラオウ”と呼ばれている。かつて自主トレーニングをともにしたことのあるイチローも認める超人プレーヤーの一人だ。

 

続いては、日本ハムの横尾俊建。日大三高校から慶応大と野球エリートの道を歩んできたスラッガーのウリは、背中が反り返るほどの全力スイング。まるでピンポン玉のように飛んでいく打球は一見の価値アリだ。また、愛称が「おにぎり君」で本塁打後におにぎりを握るジェスチャーをするのもキュートだ!

 

ラストは、ロッテ待望の和製主砲の“アジャ”こと井上晴哉。好不調の激しい選手ではあるが、ツボにハマった際の打球音と打球のスピードは別次元! 風の強い本拠地でホームランが出にくいという現実はあるものの、それをモノとしない実力を身に着ければタイトルも夢ではないだろう。

 皆さんも彼らのホームランを拝みに、ぜひ球場へ!

Twitterはこちらから

-スポーツ
-, , ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.