エンタメ カルチャー

【懐かしホビーファイル01】ミクロマン 未来感漂うデザインなのに裸足!?

投稿日:

♪ミークーロマンッ! 
このフレーズが耳から離れないというアラフォー男性は多いだろう。
70年代〜80年代前半、そんなテレビCMが流れ、その映像が少年たちをアツくさせた。
今も昔もヒーローモノのホビーといえば、テレビで放映された作品のキャラクター商品という位置づけである。
しかし、ミクロマンはテレビ媒体を持たないヒーローであった。
その人気の秘密は、40年経った現在でも古さを感じさせないスタイリッシュなデザイン、そして自由に遊べる関節の可動部位の多さだ。さらに豊富なラインナップと、オプションパーツ、そしてストーリーが深く浸透していないこともあり、子供ひとりひとりが、独自にミクロマンを選び独自のストーリー妄想して遊べる事も大きな理由だったと考えられる。

戦わせるにしても、多彩な技が再現できたものだ。


このミクロマンの初代となったのが、1974年に発売されたジョージ、ジャック、ジェシー、ジョンの4体である。


それまでのおもちゃにはなかった関節可動率、未来を思わせるメタリックの顔に透き通った素材を使ったボディーデザイン、そして宇宙船のカプセルを思わせるパッケージにに少年たちが飛びついた。

しかしながら、数十年経った現在、良く見てみるとひとつおかしなことに気付く。

ミクロマンの足元だ。

機械化されたようなサイボーグ感漂うボディーに反してなんと裸足なのだ。

やはりこれが不評だったのか、すぐ次のバージョンからはボディー同様サイボーグ的な足となっている。

ミクロマンシリーズは80年代になっても続き、関節の可動率を生かしてガメラやゴジラの着ぐるみデビルマンバージョンなども発売された。

実は、その流れは脈々と受け継がれており、現在では美少女キャラのフィギュアとしてホビー市場を賑わせている。


登場から45年。
ミクロマンはまさにホビー界の“小さな巨人”だった。

Twitterはこちらから

-エンタメ, カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.