スポーツ カルチャー

日本の若武者たちはバス釣り界の“イチロー”になれるのか!?

投稿日:

みなさんは“バスプロ”なる職業があるのをご存じだろうか。

ブラックバス釣りといえば、単なるレジャーと思われがちだが、

ブラックバス釣りで釣果を競う大会に出て、賞金を稼ぐプロの釣り選手というのが、日本にもいる。

日本にもいくつか団体があり、バスプロたちが凌ぎを削っているのだ。

 

となると気になってしまうのが、その賞金の額。

最高峰の大会で優勝者は300万円程度

他のプロスポーツと比べると、かなり低い金額だ。

実際のところ、大会の賞金だけで生活するのは難しく、

強豪選手でも釣り竿やルアーをプロデュースしたり、

雑誌やテレビなどメディアに出演するギャラが糧となっている。

 

しかし、ブラックバスの本場・アメリカでは、

バスフィッシングの大会は日本よりもずっとメジャーで、

テレビ中継があり、大手企業のスポンサーがつくので、

賞金も数千万単位でもらえる。

まさに、バスフィッシングのメジャーリーグなのだ。

 

そのメジャーリーグに2019年度、日本の若武者3人が挑戦する。

青木大介、北大祐、伊藤巧は、日本のバスプロ界では好成績を残している実力者だ。

その実力を本場のメジャーリーグで試してみようというわけだ。

なかでも青木大介は並外れており、日本のあらゆるタイトルを獲得した“日本最強”アングラーだ。

青木ならアメリカでも好成績を残すはず!

そんなファンの期待を一身に背負っての渡米だ。

 

迎えた初戦。

アメリカのメジャー大会・バスマスターセントラルオープン初出場の青木は奮闘むなしく33位。

しかし、大会は全9戦あり、まだ始まったばかり。

“日本最強”青木大介の巻き返しに期待したい。

 

青木が苦戦するなか、好成績を収めたのが伊藤巧だった。

かねてから“練習の虫”と言われた伊藤は、努力型の天才といえるだろう。

アメリカでもみっちり釣り込み、なんと準優勝に輝いたのだ。

初年度から偉業を成し遂げてしまいそうな予感も!?

 

北大祐も日本ではあらゆるタイトルを獲得したことのある猛者。

初日は8位スタートと、その実力を遺憾なく発揮したものの(大会は3日間行われ、1日のリミットは5匹。その合計重量で争われる)、

最終結果は41位。

しかし、大会中最大のブラックバスを釣り「BIG FISH賞」を獲得した。

 

日本の若武者の挑戦は始まったばかり。

このなかから野球のイチローのように、メジャーリーグで名を残す者は出てくるのだろうか。

Twitterはこちらから

-スポーツ, カルチャー
-, ,

Copyright© ニュースエキサイティング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.